魅力的なデザイン

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ペアリング前ページでは、結婚指輪の選び方について簡単に紹介しましたが、こちらの頁ではペアリングについて紹介します。マリッジリングは一般的にはペアリングとなっています。しかし男性側はあまり目立たないシンプルなものが良いと考えている場合も多く、逆に女性の場合はちょっと特徴のある方がいいと考えている場合が多いようです。そこでペアリングといっても、デザインに関連性のあるペアリングがおすすめです。例えば素材はどちらも同じプラチナを使い、リングの上下に細い飾りラインあるとします。ここまでが同じペアデザインであり、女性の方には小さなダイヤが一つ埋め込まれており、それに合った彫刻が少し施されているというもの。もちろん二つのマリッジリングはペアとなっていますが、女性の方だけダイヤがプラスされているというものです。

他にも男性のリングは中央で1回ひねりが入ったもので、女性の方はひねりが3つ入っているものなど、どれも素材や基本のデザインは同じペアリングとなっているものなら、男女のデザインが違うのもまた素敵ではないでしょうか。他にも2人の好きな海外有名ブランドの指輪をペアで購入し、マリッジリングにするという場合もあります。このようにいろいろな考え方があっていいと思いますが、一つだけ品質は良いものを選びたいものです。やはり素材を始め品質の低いものは、後々必ず後悔することが出てきます。

品質の高いリングを

品質の高いマリッジリングは一般的にいつも身に付けている物なので、品質の高いものを購入しましょう。まして結婚の証でもあり、二つとないリングだからこそ品質が重要です。品質とはマリッジリングの素材と、技術、デザインの3つが中心となります。

素材は単に純度が高いから良いというものではありません。例えばゴールドの場合、イエロー、ピンク、ホワイトなど純度で色の違いになります。またゴールドの場合24金、つまり純金ではとても柔らかく傷付きやすく、ちょっとしたことでも曲がってしまうこともあるのです。逆にプラチナなどは純度が高いほど高級でしっかりと硬く、リングには適していると言われています。このようにそれぞれにあった品質を使っていることも大切なことです。

またデザイナー力量が高いと、やはりデザインも魅力的なものが多くなります。また宝石の埋め込みのデザインリングの場合、品質の低いリングはすぐに宝石が外れたりすることも。一生身に付けているマリッジリングだからこそこそ、しっかりした品質と技術が重要なのです。そのため信頼できるショップで購入するなど注意することも必要です。また価格が激安というのも、注意するポイントの一つになることもあります。購入する前には結婚指輪の情報を調べてからにしましょう。

マリッジリングの選び方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

マリッジリングは結婚式前に揃えておくものですが、どのようなポイントで選ぶと良いのでしょう。最近マリッジリングは夫婦でつけることがほとんどです。そのため夫婦でペアのものがほとんどとなります。そこでまず選ぶポイントについて考えましょう。最初に決めることは価格ですが平均10~20万円程度と言われています。もちろん自分の生活水準に合わせて決めればいいことです。

マリッジリング素材は一生使えるものを選ぶようにしたいもの。例えばメッキであればいつかは剥げてしまいます。そのため少なくとも錆びたり、剥げたりしない素材を選びたいものです。一番人気があるのはプラチナやゴールドです。ゴールドの中にもイエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドなどがあります。色の違いと配合によって変色や変質の違いがありますが、剥げたり錆びたりはしません。また金属アレルギーがあるならジルコニウムやチタン、ステンレスなどがあります。

これら安いものを探せば1つ2万円ぐらいからあり、2つでも4万円程度で購入できます。しかしデザイン性が高いものや、宝石が少し使ってある物などはやはり一つ10万以上することに。価格と素材とデザイン性をポイントに選ぶようにしましょう。その中でも価格だけはしっかり決めておくと、選びやすいのではないでしょうか。デザインや素材は実際にいろいろ見てみないと決めることができない部分もあります。まず価格をしっかり決めておき、その範囲で好きなデザインやそれにあった素材を選ぶといいでしょう。この3つのポイントを頭に入れておけば、失敗のないマリッジリングを購入することができるのではないでしょうか。